ヘルペス治療にバルトレックス(バラシクロビル)のジェネリックを買っておこう

2018年6月9日

バルシビル

ヘルペスウイルスを持っていると、大変ですよね。。

私も持っています。非常に体が疲れたりすると、唇の周りの口唇ヘルペスや、性器の周りに性器ヘルペスが出ます。単純ヘルペスってやつですね。

私は年に数回しか症状が出ないのですが、ひどい人は何十回も出てしまうようで、とても辛いですよね。。

今回はそんな人向けに、あらかじめバラシクロビルを持っておこう!というお話です。

ヘルペスはすぐに薬を飲むとあっさり治る

ヘルペス持ちの人に改めて説明するまでも無いかもしれませんが、一応説明します。

me
単純ヘルペスは、できはじめの時に薬を飲むとあっさり治るんですよ。

何度もヘルペスにかかっていると、患部がピリピリして「あ、これはヘルペスが来るな」と言うのがわかると思います。このときはまだヘルペスウィルスがそんなに増殖していないので、すぐに薬を飲むことでウイルスの活動を抑え、そんなに症状がひどくならないままヘルペスが治ります。

でも薬が手に入りにくい

ですが、問題は薬が手に入らないことです。

ヘルペスの薬であるバルトレックス(バラシクロビル)は病院に行かないと手に入りません。病院に行っても、通常は5日分(500mgの錠剤が10錠)しか処方されないので、すぐに使い切ってしまいます。仕事が忙しい方だと、なかなか病院に行くのも大変ですよね。

me
「いま薬が欲しい!」というときに、なかなか手に入らない

口唇ヘルペスの再発薬として、このような薬局で塗り薬が売ってますが、バルトレックスに比べると効き目がそんなに強くないのがマイナスポイントです。。

あらかじめバラシクロビルを買っておこう

ヘルペスにかかったときに一瞬で治すために、あらかじめバラシクロビルを買っておくと、とても便利です。

ピリピリしてきたなと言う時にサッと薬を飲むことができれば、すぐに治ってしまいますからね。

そこで、私はバルシビルという、バルトレックス(バラシクロビル)のジェネリック薬を買っておくことにしました。通販で個人輸入すれば、病院に行かずとも薬をあらかじめ手に入れることができます。

バルシビル通販のメリット

バルシビル通販には、こんなメリットがあります。

バルシビル
バルシビルをチェックする

病院に行かなくても良い

病院

バルシビルは通販なので、わざわざ病院に行く必要がありません。あらかじめ買っておけば良いのです。

病院に行くと、診察を受けて処方箋をもらい、薬をもらうために薬局に行かなければなりません。しかし通販なら、配送まで時間はかかりますが、自宅で待っていればいいだけです。

バレにくい

病院に行かなくても良いので、自分がヘルペスであることがバレにくいのもポイントですね。

素早くヘルペスを治せる

あらかじめ買っておけば、サッと薬を飲むことでサッとヘルペスを治すことができます。これが最大のメリットですね。

病院に行くより安い

お得

費用を比較してみると、実は病院に行くより安いのもメリットです。

ヘルペスができたときに病院に行くと、初診料なども含めるとなんだかんだ2,000円以上かかってしまいます。しかも、処方されるのは5日分(500mg錠×10錠)だけです。

本記事執筆時点で、バルシビル1,000mg錠が2箱(1箱は6錠入り)で1,937円でした。12日分の薬が2,000円かからないということですね。

もっとまとめ買いすると更にお得です。5箱(30日分)だと3,573円です。

 

バルシビル錠は1錠が1,000mgで、大きめの錠剤になっています。日本で処方されるのは500mg錠ですので、倍の容量になっているぶん1日1錠でOKです。

半分に割りたいときには、手で簡単に半分に割れます。きれいに割りたい人は、ピルカッターを使っても良いでしょう。

デメリット:使用は自己責任

そんな通販にもデメリットがあります。最大のデメリットは自己責任と言うことです。

きちんと病院に行けば、医師・薬剤師がしっかりと面倒を見てくれます。何かあった時にも医者がきちんと対応してくれるでしょう。

しかし、通販の場合はそうはいきません。自分が服用しても問題ないか、薬の飲み合わせが大丈夫かといった点が医者にチェックしてもらえません。本当に心配な方はきちんと病院に行きましょうね。

バルシビル、試してみよう

デメリットもありますが、バルシビルを買っておいたら得しそうな人も多いと多いと思います。気になる方はぜひ購入してみてください!

バルシビル
バルシビルをチェックする

ヘルペスの予防方法

最近知ったのですが、ヘルペスはリシンのサプリメントで予防ができる!という話を聞きました。詳しくはこちらの記事もご覧ください。